1. 千葉科学大学ホーム
  2. 教育/学部・大学院
  3. 危機管理学部
  4. 航空技術危機管理学科
  5. 教員紹介

各教員の担当科目・研究内容・業績は教員氏名をクリックすることで閲覧できます
総合学習・日本語支援センター 教員紹介はこちら

内田 実 教授
SIMULATORの活用を通じて、能率的な訓練の進捗を図るとともに、LIBERAL ARTSの考え方を基礎に、一人一人の基礎能力を最大限伸ばすことを目標にしています。
[専門分野]SIMULATORを使った操縦教育、英語を中心とした教養敎育(LIBERAL ARTS EDUCATION)
小橋 行雄 教授
航空機操縦の基礎をどのようにして解りやすく理解させるかを、いろいろな手法を用いて新人の学生に教授するかを考える。
[専門分野]操縦訓練技法
柴田 伊冊 教授
国際航空法と航空政策が専門です。40年間にわたり国際空港に勤務していた経験を持ち、その勤務の傍ら、国土交通省職員や航空会社社員、大学や研究所等の研究者らとともに、危機管理の研究や社会活動にも携わってきました。科学大学では、一般教養として、航空の全般(概論)と空港の運営を担当しています。

〔専門分野〕 国際航空法・政策、空港運用論、危機管理論

戸田和之 教授
自然災害のうち、波が関連する現象を対象に、数値的研究と波浪水槽を用いた実験的研究を行います。例えば、洪水、津波、土石流などの災害への対応を目指します。
[専門分野]数値流体工学、流体工学
八田珠郎 教授
岩石・鉱物の変質、材料の合成をはじめとして、複雑な無機・有機高分子化合物に対して、X線や電子線などを用いた種々の固体分析方法により、物質最表面や内部の物理・化学的性質の理解を目的に研究・教育を行っています。
[専門分野]地球科学、表面物理学、粘土科学、 分析化学、X 線光電子分光、応用糖質科学
松﨑清伸 教授
エアライン​の運航は危機管理の連続です。
パイロットの技倆を授業とFTD訓練で教育します。
技倆とはテクニカルスキル・ノンテクニカルスキル・人間性です。
エアラインでの人事研修・技術研修担当者としての経験を活かして教育します。
[専門分野]技倆教育
山田光男 教授
航空機事故原因の多くは、ヒューマンファクターにあります。安全な飛行のためCRMやThreat & Error Managementは、エアラインパイロットにとって重要です。高い危機管理能力と操縦技量を持ったパイロットの育成を目指します。
[専門分野]航空工学、操縦教育技法、操縦訓練技法、THREAT&ERROR MANAGEMENT
山梨明 教授
航空機整備に必要とされるヒューマンファクターの研究、航空機整備技術を背景としたドローンの活用
[専門分野]航空工学、航空事故解析、ヒューマンエラーマネジメント
吉田重臣 教授
航空機や人工衛星から地表面を観測したり、地表から大気を観測する技術であるリモートセンシングに用いるセンサーを研究・開発し、観測を行っています。
[専門分野]地球大気観測、観測用センサの研究
page top